ポーカーの伝統

ポーカーの歴史をご存知ない方のために、そのルーツをご紹介し、手短にその歴史を解説していきたいと思います。現代人の日々の生活は昔と比べると遥かに忙しく、まるで技術的進歩のこの時代にあっては、速度を緩めて人生の美しい出来事を振り返ることなどできないかのように思えます。

しかしこの話はまた別の機会にしましょう。歴史家の中には、世界に名だたるポーカーというカードゲームの原型が登場したのは10世紀の中国で、中国の皇帝がドミノのようなカードゲームをプレイしていた時だったという説を唱える人もいます。

しかしこの意見には同意せず、ポーカーの起源は16世紀頃に登場したペルシャのゲームである「アズナス」にあると言う人もいます。同様のカードゲームはヨーロッパでもプレイされており、「ポーク」、「ポッヘン」、スペインの「プリメロ」などがありました。

 

ポーカーではブラフが非常に重要で、プリメロは実質的にこの戦略に基づいたゲームでした。ポークはフランスの入植者が米国に持ち込んだゲームで、ポーカーの別名です。ポーカーは長い年月を経て進化し、現在のポーカーに至っています。最も有名なポーカーは「テキサス・ホールデム」で、あなたもその名前を聞いたことがあるはずです。

伝統とはなんでしょうか?それは特定の人々の集団によって作られ、年月を経ても続いていくものです。このインターネット時代において、その利用しやすさとシンプルさから、オンラインでポーカーをプレイすることの人気が高まっています。対照的に、実店舗のカジノでポーカーをプレイするのは伝統的なやり方だと言えるかもしれません。

多くの人はもっぱらポーカーだけをプレイしています。自宅の暖かい環境で、パジャマ姿でプレイできるというのは良いことです。しかしそれでも、「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」、「モリーズ・ゲーム」、「007 カジノ・ロワイヤル」をはじめ、多くの映画にカジノやポーカーが登場することを忘れてはいけません。緑のテーブルの雰囲気は魅惑的で、オンラインゲームがその代わりになることはできないのです。

また私たちは、家庭で行われるポーカーの伝統を忘れてはいけません。テーブル(必ずしも必要というわけではありません)、カード、チップ、そして善意があれば自宅でポーカー大会を開催し、友人たちと一緒に楽しむことができます。そういった集まりでは普通はやらないことですが、そうしたければ昼食代程度のお金を賭けることもあるでしょう。ポーカーのファンで、そのような集まりをよく開いている人もいます。そのような集まりでは、食事や飲み物を楽しみつつ、伝統的な形でポーカーをプレイしたり、トーナメントまで開催したりするようなこともあります。

チェスと同じく、ポーカーのルールは明確です。ベルギー、中国、ブラジル、どこであろうと適用されるルールは同じです。しかしながら、ポーカー関連の伝統は国によって異なります。これは特にトーナメントの開催方法を指しています。世界各国のベストプレイヤーたちは国を代表して、ポーカー界で最も権威ある世界ポーカートーナメントに出場できる可能性があります。

ポーカーは、一部特に人気が高い国ではそれ自体が伝統であり、単純にそうした国々の文化の一部になっています。フランスとドイツに起源があるポーカーは、両国にとっての重要なゲームであり、この2つの国には多くのプロがいます。

また、インド、インドネシア、ブラジル、カナダ、イタリア、英国といった国でもポーカーは人気ですが、私たちはポーカーと聞くとやはりラスベガスや米国と結びつけます。米国には460店舗以上のカジノがあり、それはポーカーが米国の伝統に強く影響しているということを教えてくれます。